幼年期の終わり:クラークの最高傑作

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 ミニシリーズでTVドラマ化され、子供たちの姿が印象的であった。
 その番組を見て、久しぶりに再読した。クラークの数多い作品の中でも最高傑作であろう。これ以外に、何も言うことはない。

 へ~、TVドラマって、こんな風に作られていたんだ、特撮って、こんなに大変なんだ・・・。この手のことに知識のない私には、びっくりの話ばかりである。
 ウルトラQ、ウルトラマン、ウルトラセブン、そして泣いてたまるかのエピソードは、子供の頃にリアルタイムで見てきた人間には興味深い。どんな分野でも草創期というのは、熱気があるものである。本書でも、TVドラマ、特撮ドラマの草創期の熱気が感じられる。

海底牧場:珍しい海洋SF

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 クジラを放牧する海底牧場を舞台としたSF。魚資源の枯渇が心配される中、海の中での放牧というのは、現実の世界でも考えるべき内容のように思える。
 小説としては、クラークらしく淡々と進む。SFとしては、物足りない部分もあるが、海底牧場という設定だけで読ませてくれる。

ミレニアム3:3部作の最高傑作

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 も傑作であった。でも、本作は、その中でも最高傑作である。
 リスベットに関する公安警察の陰謀を、ミカエルをはじめとする狂卓の騎士たちが打ち破る、というストーリーだ。
 でも、公安警察のような権力に対し、人権を真じる人々が結束するというストーリーを書ける国がうらやましい。日本では、こういうストーリーは現実ばなれしているというように、一刀両断の評価になるのではないか。

 

 ミステリの女王アガサ・クリスティーの作品を、観光、田園、都市という観点と、アガサ・クリスティーの生涯の観点とから整理・解説した本。
 作品そのものについても、著者の評価が書かれていて、アガサ・クリスティーの作品紹介にもなっている。
 私は、アガサ・クリスティーが好きだが、ポアロもの以外はほとんど読んでいない。この本を読んで、マープルものも読んでみようか、という気にさせられた。スパイものに対する評価が低いが、スパイものを1作だけ読んだことがあるが、これには同感。
 英国の当時の情勢を知って読むと、さらに面白く読めそうだ。再読に耐えるミステリーというのは、それほどないが、アガサ・クリスティーの作品はその1つであり、本書で得た背景知識で、再読してみようかと思っている。

 前に感想を書いた鋼鉄都市の続編。今度の舞台は地球ではなく、惑星ソラリア。高度に発達したロボット社会で、人は家族単位ではなく、個人単位で生活している。映像によるコンタクト手段が発達しているため、人と人とが実際に会うことはほとんどなく、そのため実際に人と会うことが忌避されているという世界だ。この世界で、殺人事件が発生する。ソラリアには警察機関がないため、主人公が呼ばれ、捜査を開始する。
 ロボット3原則をベースにしたSFミステリなのだが、謎解きとソラリアの社会描写とがうまくマッチングしていて、心地よく小説の世界に浸れる。

宇宙気流:アシモフお得意のミステリじたてのSF

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 古いSFである。一部の貴族が貴重な資源を独占するために原住民に対し圧政を強いている。そんな背景の中で、この構造をゆるがすような話が進行する。
 私が初めて本書を読んだ高校生時代には、主人公が図書館で本を探すと、なぜか借りられない。それが、二度続いて、何かおかしいと逃げ出す、というエピソードに続く逃亡劇をひやひやしながら読んだことを思い出す。今回、再読しても、その面白さは色あせない。
 眉村卓が、この作品が、自作の「消滅の光輪」の発想のヒントとなった、と語っている。「消滅の光輪」を読んだ後で、本書を読み返すと、なるほどなあ、と思う。

鋼鉄都市:ロボットのダニールが初登場した本

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 かつて、アシモフのSFには、2つの系統があった。ロボット3原則で名高いロボットものと、銀河帝国シリーズとである。後に、この2つは、統合されることになる。その中心になるのがロボットのダニールである。
 このダニールが初登場するのが、本書だ。読むのは3度目になるのだが、再読に耐えるSFミステリーである。それは、誰が犯人なのかという謎解きだけでなく、人間とロボットの関係、地球と宇宙との関係、限られた資源の中での地球の生活など、細部にわたって作られた物語の設定に入り込めるというところにあるのだろう。

 芥川賞受賞作でなければ、決して出会わなかったであろう本である。公園で死んでいる小鳥を見て、他の子どもたちのように悲しむのではなく、食べようと言った主人公の子供時代のエピソードが鮮明である。
 ちょっと変わった子供が、成長するにつれ周囲に隠れこむことを覚えていく。そして、コンビニ店員という、隠れこむ場所を見つける。
 これって、なぜかよくわかる。私も、会社という場に隠れこんでいるからだ。

 ハーバード大学で日本史を教えている先生にインタビューした本。日本以外の国の、まともな大学で、日本史がどう教えられているのか、ということを知ることができる。我々の知らないことも多い。また、日本人というフィルタを通した日本史とは異なる見方も面白い。
 でも、この本を読んで感心したのは、日本史そのものではなく、教える側のスタンスである。リーダーを育成するというスタンスで教えられていることがよくわかる。ハーバードという大学は、リーダーを育成するための大学であり、その方針に従った内容なのだなあ、と感心したのだ。
 米国史とか経営学で、リーダー育成を意識するのはわかるのだが、日本史のようなマイナーな教科でも、リーダー育成である。欧米は、実は日本よりも学歴社会だという意味の一端が分かった気がする。