トヨタ物語:トヨタの現場のDNAがすごい

 メーカーは現場が全てである。現場を知らずに、経営する経営者が登場すると、そのメーカーの業績は低下する。机上の空論など、メーカーにとって何の役にも立たないからである。この本は、トヨタの現場での歴史を追った貴重な本である。

スパイたちの遺産:読み終えるのが惜しい作品

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 名作「寒い国から帰ってきたスパイ」の続編という紹介だが、実際には、同じストーリーを違う視点で描かれた作品というべきだろう。寒い国から帰ってきたスパイは、当事者の視点から描かれた作品である。本書は、その作戦を仕掛けた側から描かれた作品だ。
 ル・カレのスパイ小説でおなじみのピーター・ギラムの引退後に、寒い国から帰ってきたスパイでの作戦が究明されることになる。既に世代交代してしまい当時の状況すらわからない若い世代にピーター・ギラムが尋問される。尋問の会話、記録文書、ピーター・ギラムの回想シーンという地味な内容なのだが、なぜか緊迫感があるのだ。さすがにル・カレだ。1931年生まれということだから、この作品が発表されたのは86歳ということになる。本書は、ル・カレからの遺産かもしれない。

探検!東京国立博物館:展示だけでなく建物の話も

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 博物館や美術館の本は、大抵の場合、展示内容の紹介が大部分を占める。だが、本書は。探検という題名からわかるように、国立博物館の書く建物を探検する本なのである。当然、その中で展示物も紹介されるが、建物の話も多い。

 ネアンデルタール人とか北京原人とか。いわゆる、現在人の前に存在した人類たち。
 その人類進化学の最前線を、第一線の研究者のインタビューをもとに、科学ライターがわかりやすく解説した本。本当に面白くエキサイティングに読める。
 専門家と科学ライターの組み合わせによる本、という形式は、科学の最前線を解説するのに、最も適した方法かもしれない。今後もブルーバックスは頑張って欲しい。

タイム・パトロール:古典的名作

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 タイムマシンによる歴史改変を防ぐために活躍するタイム・パトロールものの古典。長編というよりは、中編集である。それぞれの、結末が、少しコミカルだったり、ほろ苦かったりで、読後に余韻が楽しめる。

フロスト始末:これでシリーズ最後か・・・

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 第1作「クリスマスのフロスト」は、衝撃的であった。こんな下品なジョークをいい、推理というよりは動き回ることで偶然から事件を解決するという、さえない主人公。でも、これが面白い。以来、欠かさず読んできた。
 そして、本作で、著者の死により、とうとうシリーズ最終作になってしまった。下品なジョークは、慣れてしまった。推理というよりは直観だけで動き回る無駄な捜査にも慣れてきた。
 でも、要領で偉くなっていく主任警部や警視たちよりも、現場をはいずりまわる主人公が魅力的であるのは確かである。今回は、亡き妻との回想シーンが多く、ちょっと下品さに欠けるのが残念だが、とんでもない行動に出るのは、相変わらずだ。

夜明けのロボット:ジスカルドの登場

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 鋼鉄都市、はだかの太陽に続くベイリ刑事が主人公のSF推理小説の3作目にして最後の作品である。この作品が興味深いのは、作者の銀河帝国シリーズとのつなぎで大きな役割を果たすロボットであるジスカルドが登場することである。
 この本単体でも読めるし、ジスカルド登場の作品としても読める。

 SFの古典的名作だ。副題に、食人植物の恐怖とある。確かに、トリフィドという題名は、食人植物の名前である。だが、この小説が、食人植物に追われるだけの話かというと、ちょっと本作を矮小化した副題だ。
 ある夜のできごとで、世界の人間の大半が、失明してしまう。そんな世界の中で、数少ない目の見える人々が、自分達の価値観、行動で生き残りを模索する。その人達の葛藤と対立こそが、この小説の本筋である。この小説のすばらしいのは、そんな失明だけでなく、追い打ちをかけるように、今まで管理されてきたトリフィドが、無管理状態になって、人々に襲い掛かるという設定である。このままいくと、人間社会は滅び、地球はトリフィドに支配された世界になってしまう。これを、食人植物の恐怖と表現するのは、どうなんだろう?
 英国のSFなので、パニック小説ではなく、話はたんたんと進む。この進み方がなんともいえない味なのだ。

 若い人に読んで欲しいという趣旨のレビューが多い。その通りだと思うが、若いころに手にとっても、説教臭いと思うだけかもしれない。もちろん、著者が述べていうように年配者からの説教をまとめたのだから当たり前かもしれないが。
 私も、中高年だ。そして、この手の本の書かれたことが身にしみるのは、実は中高年になってからなのかもしれない。著者のように、若いころから素直に耳を傾むけることができたら、もっと、まともな人間になっていたのだろうなあ、と思う。でも、今からでも遅くないのだ、きっと。

 いろんな場所を題材に、それぞれの担当者が、旅の作り方を書いた本である。ありきたりのガイドブックには出てこないような話が満載である。でも、それが自分にぴったりがどうかは、個々人の旅のスタイルによって異なるであろう。私は、海外旅行右往左往という旅行記を書いているのだが、基本は、有名な観光名所巡りが基本だ。そんな私には、少しハードルが高い。
 ただ、この旅行記には入れていない、台湾旅行については、次回行くときには、本書を参考にしようと思った。