情報としてのラジオ番組は1.25倍速で:私がiPodでなくWalkmanを使う理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 前にラジオ番組をPCで録音して、Walkmanで聞いているという話を書いた。Radikoolというソフトは、iTunesと連携しているので、iPodを使えば、わざわざ手動でファイル転送せずに済むはずである。だが、私はわざわざWalkmanを使っている。  それは、ひとえに、再生速度の変換のためである。ラジオ番組は、教養番組として聞いているので、再生速度を少し速くして聞きたいのである。iPodにも、その手段はあるのだが、倍速しか選択できない。倍速では、さすがに速すぎで内容についていけない。1.3倍速あたりが、最もいい速度だと思っている。  Walkmanでは、1.25倍というのが選択できるので、そことでのみ、Wlakmanを選択している。昔使っていた、会議録音用のICレコーダーでは、1倍から2倍までの範囲を、0.1倍速単位で設定できた。こういう機能は音楽には不要だが、情報入手手段としては欲しい。Wlakmanは、0.1倍単位の設定はできないが、ある程度柔軟な再生速度変換ができるので、気に入っている。