トリフィド時代:副題の「食人植物の恐怖」はミスリード

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 SFの古典的名作だ。副題に、食人植物の恐怖とある。確かに、トリフィドという題名は、食人植物の名前である。だが、この小説が、食人植物に追われるだけの話かというと、ちょっと本作を矮小化した副題だ。
 ある夜のできごとで、世界の人間の大半が、失明してしまう。そんな世界の中で、数少ない目の見える人々が、自分達の価値観、行動で生き残りを模索する。その人達の葛藤と対立こそが、この小説の本筋である。この小説のすばらしいのは、そんな失明だけでなく、追い打ちをかけるように、今まで管理されてきたトリフィドが、無管理状態になって、人々に襲い掛かるという設定である。このままいくと、人間社会は滅び、地球はトリフィドに支配された世界になってしまう。これを、食人植物の恐怖と表現するのは、どうなんだろう?
 英国のSFなので、パニック小説ではなく、話はたんたんと進む。この進み方がなんともいえない味なのだ。