「司馬遼太郎」で学ぶ日本史:何を学べるのかを学べる本

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 TV番組「100分de名著」の内容に加筆したもののようだ。TV番組も見たのだが、やはり本にした方がよくわかる。
 司馬遼太郎の小説は、歴史小説であって、歴史書ではない。でも、我々にとって重要なのは、史実かどうか、ではなく、まず面白いかどうかである。
 面白さ以外の重要なことは、人それぞれだろう。でも、司馬遼太郎の本からこんなことが学べますよ、ということを語ってくれるのは、本から何かを学びたいと思うときには、いい手引書になる。司馬遼太郎の長編小説はすべて読んだのだが、へ~、こんなことも書かれていたのか、と気づくことも多い。
 筆者が歴史家ということで厳しい目のレビューが多いようだが、書名が歴史を学ぶ本のような書名だから誤解を与えるのだろう。歴史に詳しい人が、司馬遼太郎の本から学べることを教えてくれる本、と思って、軽い気持ちで手に取る本だ。