SFの最近の記事

 毎回楽しみにしていたパーソン・オブ・インタレスト | AXN Japanがとうとう最終回で完了した。サマリタンとの戦いになって、少し面白さか軽減していた。最終回も、ちょっと残念な終わり方だった。ユニークなドラマだっただけに、もう終わりかという感じである。

 日本TVで放送が始まった12モンキーズは、私の大好きなタイムトラベル物である。映画のリメイク版らしいが、実は映画は見ていない。なので、より新鮮な気持ちで見ることができる。
 主人公は、ドラマNIKITAで、天才ハッカーのバーコフを演じたアーロン・スタンフォード。本当に良い味を出せる役者だ。
 海外ドラマは、途中で終わることが多いので、張りまくった伏線をきっちり始末してくれて、ファイナルシーズンまで続くことを期待している。

新スタートレックがHD版になって、SuperDramaTVで放映されていて、観ている。先日は「甦ったモリアーティ教授」であった。モリアーティ教授モノは何度か新スタートレックで放送されていて、好きなエピソードの1つである。
新スタートレックで騒動の元になるホロデッキものの1つである。データが好きなホロデッキのシャーロックホームズで、ホームズの宿敵モリアーティ教授の設定をデータよりも強敵という設定にしたために、ホログラムでしかないモリアーティ教授が意識を持ってしまう。その結末編である。私の好きなサブキャラクタのバークレイも出ていて、楽しめる内容になっている。

 粒子加速器の事故により、高速で動けるようになったフラッシュの活躍を描く。SFなのかどうかはわからないが・・・。アローでも出ていたキャラクターを、あまりにも魅力的なのでスピンオフさせてしまったという作品だ。アローで見た時と、少し設定が微妙にずれているが、アメコミ原作の作品なので、そのあたりは、面白ければOKということだろう。

 CHILDHOOD'S END -幼年期の終り- | AXN Japanは、古いSFファンにとっては、まさかドラマ化されるとは、という作品である。いうまでもなく、クラークの名作、幼年期の終わりのドラマ化である。
 カレルレンって、こんな姿形だったんだ、という感慨はある。でも、ドラマとしては、少し退屈である。クラークの作品は、淡々と進むので、あまりドラマには向いていないと思う。SFファンは、結末を知りつつも見るだろうが、そうでない視聴者にはどうなんだろう。
 でも、SFファンの私は満足だ。久しぶりに原作を読みたくなってきた。

 

 サンダーバードのリニューアル作品というTHUNDERBIRDS ARE GOをちょっと見たのだが、駄目である。作品が駄目というわけではない。昔、サンダーバードのファンで、再放送も何度も見てきた私には、全く面白くない。

 前回、海外ドラマのSFは途中で打ち切られることが多いということを書いたが、このドラマはSFにしては珍しくファイナルシーズンまで放送されている。
 内容は超常科学ものである。普通この手のSFドラマは、機械文明とかコンピューター文明とかの話題が多い。しかしこのドラマでは生物学系の超常科学が扱われている。そのため少しグロテスクなシーンも多いだが、他の番組と明らかに差別化できる内容なのでファイナルシーズンまで続いたのであろう。主人公のマッドサイエンティスト、サブキャラクターの監視人など多彩なキャラクターもどの番組と差別化できる内容に仕上がっている。
 ただ正直なところ、シーズンが進んでくるにつれ少しずつ面白さが減少している。ファイナルシーズンはファーストシーズンに比べるとかなりおもしろさという意味では落ちる。そういう意味ではそろそろファイナルシーズンにしてよかったのかもしれない。

 

 フォーリング スカイズは、今Super!DramaTVで第1シーズンの放送がはじまったばかりのSFドラマである。宇宙からの侵略者と戦う地球人の生き残り、という正統派の宇宙侵略もののSFである。というか、正当派すぎるくらいである。海外ドラマのSFは、第1シーズンで終わってしまうことが多い。続いたとしても、散々ハリめぐらした伏線が解決されないままにシーズンが途中で終わってしまう場合が多々ある。例えば、ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズなどは、伏線だらけのストーリーで、この伏線がどうなるのかと話をしながら、家族で見ていたのだが、あっさりと2シーズンで終わってしまった。
 本ドラマは、主人公がER緊急救命室のカーター医師役で有名なノア・ワイリーで、連隊の副隊長として戦う。敵は、いかにも邪悪なエイリアンで、戦うしかない、という感じである。
ホームページを見ると第3シーズンまで進んでいるようなので、当分の間は楽しめそうだ。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちSFカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはクライムサスペンスです。

次のカテゴリは自己紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6