2016年6月アーカイブ

新スタートレックがHD版になって、SuperDramaTVで放映されていて、観ている。先日は「甦ったモリアーティ教授」であった。モリアーティ教授モノは何度か新スタートレックで放送されていて、好きなエピソードの1つである。
新スタートレックで騒動の元になるホロデッキものの1つである。データが好きなホロデッキのシャーロックホームズで、ホームズの宿敵モリアーティ教授の設定をデータよりも強敵という設定にしたために、ホログラムでしかないモリアーティ教授が意識を持ってしまう。その結末編である。私の好きなサブキャラクタのバークレイも出ていて、楽しめる内容になっている。

 日経エンタテインメントの別冊として、季に1回出ている海外ドラマスペシャルを海外ドラマの情報源として読んでいる。2016年夏号の表紙は、ヒーローズ・リボーンであった。あの大ヒットしたヒーローズがかなりのキャストを変えて復活したのだから、まあ、一番の注目作ということだろう。
 でも、同じその本の中で、次シーズンはキャンセルになった、という話しが掲載されていた。たとえ注目作でも、あっさりキャンセルされる厳しさを感じた。

 

 以前も感想を書いたことがあるメンタリストがとうとうFINALシーズンである。正直いって、宿敵レッド・ジョンとの対決の最後は少しあっけなかった。えっ、これで終わりという感じだった。
 もっとびっくりしたのは、宿敵レッド・ジョンとの対決が終わっても、このドラマが続いたことだ。確かに、レッド・ジョンとの対決は、このドラマの主軸ではあっても、その主軸がおわってもドラマを継続させるだけの魅力が主人公にあったということであろう。

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6