血の咆哮:シリーズ中の最高傑作ということだが・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

 コーク・オコナーシリーズの第7作目。シリーズ最高傑作という評判らしい。確かに、このシリーズで存在感のあるまじない師メルーの過去の話とか、ひきつけられる内容は多い。でも、このシリーズの特徴の1つである緊迫感が感じられない。私は、前作の方が好きだ。でも、次作が翻訳されれば、きっと読むだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uoosaoo.com/mt/mt-tb.cgi/270

コメントする

この記事について

このページは、TSSが2017年12月 3日 15:14に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「証拠死体:そんなに凝ったストーリーではないのだが、登場人物の意外な行動でひきつけられる」です。

次の記事は「真犯人:知らないうちに主人公の恋人が死んでいるなんて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.3.6